COMPANY
会社案内

ごあいさつGreeting

 フジツボやイガイ、ヒドロ虫、アオサなど、水中の基物に付着して生活している生物群は、付着生物(Sessile Organisms)と呼ばれています。これらの付着生物は、細菌からホヤ類まで広範な種類からなり、大変ユニークな発生プロセスや生理生態を持っています。一方、臨海発電所等では、海水を連続的に取り込みながら、蒸気を冷やすことによって発電を続けていますが、この海水配管内に、大量の付着生物が付着・成長して、様々な被害を及ぼしています。このように、付着生物は、生き物として興味深く、かつ産業上も非常に重要な生物群です。しかしながら、これらの付着生物に関する分野は、様々な分野の学際領域にあたるため、日本では、研究者が非常に少なく、専門の調査研究機関も無いのが現状です。

 株式会社セシルリサーチ(Sessile Research Corporation)は、社名の通り、これらの付着生物の調査研究に特化した、研究開発型のベンチャー企業です。様々な付着生物の持つ特異性と可能性に注目し、新しい生物産業の創生と生物共存型社会の実現に技術貢献することをめざして、2006年3月に設立されました。
 会社設立以来、付着生物関連の基礎・応用研究に取り組み、その成果として、調査試験解析法・付着制御法・抗体及び機能分子群に関する日本国内特許22件を取得し、さらに国際特許出願を含めて、多数の特許を出願中の状態です。おかげさまで、これらの特許技術を駆使して、各種エネルギー・プラント・化学・金属系メーカー等、様々な分野の企業の研究所や大学より、独自の調査試験及び研究開発業務を受託するとともに、多数の共同研究プロジェクトを推進できるようになりました。

 これからも、様々な産業で空白域となっている付着生物関連の新技術・製品の研究開発を支援し、日本における各種産業の活性化に資するとともに、独創的なアイデアと技術に基づいた新しい製品システムの研究開発及び事業の発展・進化に努力してまいります。

 今後とも、ご指導ご支援賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

平成30年7月
株式会社セシルリサーチ
取締役社長 山下 桂司

会社概要Overview

濱中グループの一員として、平成18年3月に設立された海洋付着バイオテクノロジー企業です。

社名 株式会社セシルリサーチ (Sessile Research Corporation)
代表者 代表取締役 濵中 剛 (Go Hamanaka)
設立 平成18年3月27日
設立役員 代表取締役濵中 剛(Go Hamanaka)
取締役社長山下 桂司(農博)(Keiji Yamashita, Dr.)
取締役日下部 善光 (Yoshimitsu Kusakabe)
取締役水田 政彦 (Masahiko Mizuta)
監査役濵中 良彦 (Yoshihiko hamanaka)
資本金 1000万円(授権資本4000万円、濱中製鎖工業㈱100%出資)
従業員数 7名
所在地 〒672-8023 兵庫県姫路市白浜町甲770番地
TEL:079-245-3037 FAX:079-245-3038
取引先銀行 みなと銀行
主な取引先 各電力及び関連会社 総合研究所及び技術・発電部門、化学系・金属系企業の研究開発部門、大学等
事業内容
1.海洋バイオテクノロジー領域の調査試験、研究開発
  1. 生物付着実態調査及び付着被害の予防・対策システムの開発・構築
  2. 各種生物試験、付着・防汚試験
  3. 生化学・遺伝子解析
2.臨海産業・環境研究産業用の試薬、試料及び機器システムの開発・生産及び販売
  1. 特異的抗体ライブラリの構築・生産・販売
  2. 各種イムノセンサー・研究試薬の開発・生産・販売
  3. 研究用生物試料の開発・生産・販売
関連企業 濱中製鎖工業㈱
関連学会・団体
  • 日本付着生物学会(賛助会員、運営企画委員)
  • マリンバイオテクノロジー学会(賛助会員)
  • 日本農芸化学会(法人会員)
  • 火力原子力発電技術協会(法人会員)
  • 姫路商工会議所(会員、MEMS研究会委員)
  • JIS生物忌避試験法分科会(委員)

アクセスAccess

  • ■姫路駅から車で約20分
  • ■山陽電鉄 白浜の宮駅から徒歩15分~20分

濱中製鎖工業㈱白浜工場管理センター2階になります。車でお越しの場合は、工場隣の駐車場をご利用下さい。